全ヨーロッパが待ち望んでいた磁器焼成の秘法は、瞬く間に各地に流出していきました。
フリードリッヒ二世が七年戦争によって連れ帰ったマイセンの陶工は、1763年創設のベルリン王立磁器工場でロココの華を咲かせます。音楽や芸術に理解の深い王のもと、ロココの気品にあふれる優雅な食器が生み出されました。
KPMと言えば、世界一の評価を得ている陶板画はあまりにも有名です。また、高い技術を持つユーゲントシュティールの貴重な作品も見逃がす事はできません。
1.


KPM
透かしプレート
年代:1900年代初め
サイズ:D22.5cm
価格:¥120,000


KPM
カップ&ソーサー
年代:1945-62年
サイズ:C/D9.2cm S/D16cm
価格:¥78,000


KPM
デザートフォーク6本セット
年代:1900年代初め
サイズ:L19cm
価格:¥168,000


KPM
もみの木文 プレート
年代:1900年代前半
サイズ:D22cm
価格:¥69,000